エクセルの技

エクセル

表計算ソフトとして内容が充実しているエクセルには多様な技があります。

初心者だとしても知っていると楽なものがいっぱいあります。

いくつかを案内しましょう

まずは行と列の入れ替えです

一つの表を作った時に行と列を入れ替えたくなるこというのはないでしょうか。

そういった時には型式を指定して貼り付けを行ないましょう。

そのなかに行と列を入れ替えるという項目があります。

これを知らずに手作業でおこなうこというのは、現実的ではありません。

必ずミスを行うでしょう

それから、データフィルシステムです

数字を連番に入力したりする時に利用します。

行の見出しとして1日毎の日付を入力する時も同じように利用することが出来ます。

自動的に月を変化させてくれますから、凄く楽です。

こんなシステムはエクセルが得意としていることです。

それから、小計システムはいかがですかか。

表の中をグループに分けて、個々の合計を出したりする時に楽ですね。

多くのシステムはそれを使わなくても自分自身で入力するこというのは出来ます。

しかしながら、人のデメリットとして間差異を行うことが挙げられます。

エクセルのような表計算ソフトを利用するのはそのミスをなるべく少なくするためですのです。

機械が得意とする計算は自動でやらせる方がいいのです。

それこそがパーソナルコンピュータを利用する理由と言ってもいいのです

あなたのすぐそこにエクセルがあるのであるのなら、その特徴を捕捉して使いこなしていくようにしましょう。

多くのシステムを覚える必要はありません。

ほんのいくつかでいいのです。

自分が間差異そうなところを補助してくれるシステムを知っておきましょう。

エクセルの紹介

誰だとしてもが知っているエクセルです。

いまさら案内ということだとしてもないでしょう。

しかしながら、ここで説明したいこというのは多くの人がエクセルの楽なシステムを知らずに利用しているということです。

毎日エクセルを利用していて、面倒に感じたこというのはないでしょうか。

毎日、決まりきった入力をしているのではないでしょうか。

そういったことならば機械に任せた方がいいでしょう。

同じデータを100個のセルに入力した場合か、1ずつ増やして入力するこというのはエクセルが自動的にやってくれます。

ようするに機械にもできそうなことだと思ったならば、それはエクセルのシステムとして持っているケースが沢山ということです。

エクセルを使えるかどうかというこというのは、そういった技を使えるかどうかということです。

楽なシステムを使えば作業があっという間で済むのです。

毎日同じ作業ならばマクロを組むことも出来ます。

マクロは難しくありません。

キーハンドリングを覚えさせるだけだからです。

人間はミスをします。

毎日同じことをやるのは苦痛ですのです

エクセルのシステムのなかでごく一部しか利用していない人が大半の使い手と言えますが、ちょっとだけだとしてもシステムを利用することが出来れば効率UPは差異ですのです

そもそも、エクセルが大好評を集めているのはそういったシステムを持っているからですのです。

折角持っているシステムを知らずに利用しているのだとすることによって、宝の持ち腐れということになります。

大げさなシステムである必要はないのです。

少しばっかりだけ楽になってミスを減らすことが出来れば、いいのです。

具体的な手法は会社の同僚や詳しい人に聴けば早速に分かりますよ。

エクセルのヒント

現代のオフィスではパーソナルコンピュータを利用して多様な作業を行っています。

パーソナルコンピュータがないこというのは想像出来ませんし、現実にパーソナルコンピュータがなければお勤めが進まないという会社も沢山のではないでしょうか

そういったパーソナルコンピュータには表計算ソフトのエクセルがインストールされています。

たいていはマイクロソフトオフィスとして入っていることでしょう。

エクセルを利用する時にどんな扱い方をしているでしょうか。

単純な表であっても、数字を自分自身で計算してから入力することも出来ますが、エクセルに計算させることも出来るのです。

セルに計算式を投入しておくことで、後からの変更が容易になります。

それを別のデータに応用しやすくなるのです、。

エクセルを楽に利用するためのヒントは多様なところにあります

自分が面倒だと感じ取っている入力作業はエクセルで自動化することが出来るケースが沢山やうです。

毎回同じ入力を行うのであるのなら、間差異なく自動化出来ます。

エクセルのシステムに関連する情報を集めるようにしておくこともたいせつです。

エクセルの技やヒント等を集めたサイトも数多くあります。

楽なシステムならば知っておいた方が役に立ちます。

マイナーな領域でのみ利用されるシステムもあります。

自分の作業がどんなスタイルなのかを考えてみれば、必要なシステムは分かってくるのではないでしょうか。

高度な知識を持っている人のケースはプログラムを製作することもいいでしょう。

作業をプログラム化することによって、間差異を減らすことが出来ますし、時間を緊縮することが出来るのです。

ヒントの多くは日々の作業のなかに存在するのです。

タイトルとURLをコピーしました