エクセルのマクロシステムに対して案内しましょう。

マクロというのは一連のキーハンドリングやマウスハンドリングを一つのキーハンドリングでおこなえるようにするシステムです。

一連のハンドリングの内容は使い手が自由に決めていいのです

毎回同じハンドリングを行うことがあるのであるのなら、それをマクロ化することによって誰だとしてもが容易に複雑なお勤めを行うことが出来るのです。

その一連のハンドリングの内容を覚えておく必要もないのです。

これは凄く楽なシステムです。

数多くの人が同じ作業を行うようなケースには、マクロを統一することによって同じ品質の作業とすることが出来るのです。

エクセルのマクロシステムは強力です。

マクロの記録開始を押すと、記録が始まります。

そして、記録終了を押すまでは記録が続くのです。

VBのプログラムをマスタしている人であるのなら、そのマクロを編集することが出来ます。

マクロの実態はVBのプログラムだからです

当然、初めからVBでプログラムすることもいいでしょう。

いずれにしても、ハンドリングを簡略化した場合いうこというのはたいへんたいせつなことです。

それによって間差異を減らすことが出来るからです。

表計算という領域ですので、自動化することの出来るこというのはいっぱいあります。

毎月の決済や年毎の決済、項目ごとの決済等同じ内容が続くのです。

マイクロソフトが作ったエクセルは、このマクロシステムによって大好評があると言ってもいいのではないでしょうか。

現実にマクロを作っている人はわずかかも知れませんが、その恩恵を受けている人はいっぱいいるはずです。

中にはマクロと知らずに利用している人もいるでしょう。

エクセルのWebサイト

インターネットが普及するようになってから、多彩なな情報がインターネットを通して入手可能なようになりました

エクセルのハンドリングに関連することもインターネットで入手出来ます。

エクセルに関連するwebサイトもいっぱいあるのです

初心者向けの入門編では、キーハンドリングのヒントやちょっとした技が記載されています。

単純なことですが、それを知っている人と知らない人では差が出てしまうのです。

自分のスキルを高めたいのであるのなら、そういったサイトから学ぶこともたいせつです。

それから、ちょっとグレードが上がったマクロ入門もあります

エクセルのマクロは高システムですので、マクロを覚えるとみるみる利用してみたくなりますね。

マクロを利用することによって楽になったり、作業が容易になったりします。

その恩恵は大きなものがありますね。

マイクロソフトの公式webサイトもいいのですが、個人的に製作されたサイトもかなり多くあります

エクセルを利用している人が沢山ということを示しているのでしょう。

楽なシステムは使った方がいいのです。

知らなくても作業は出来ますが、よけいな時間がかかりますし、ミスも増加してくるのです

webサイトから入手した情報を自分のものとする為に、現実にハンドリングをしてみることがたいせつです。

知識として持っているだけでは、役に立ちません

それを利用してこそゆえん合いがあるのです。

知っていても使わないシステムは不要なシステムと考えてもいいでしょう。

エクセルはワイド領域で利用することを想定していますから、その一部を知っておくだけで十分な作業が殆んどだからです。

エクセルの歴史

現代はパーソナルコンピュータの時代と言ってもいいでしょう。

そのパーソナルコンピュータで利用されるマイクロソフトの表計算ソフトであるエクセルの案内をしましょう。

パーソナルコンピュータを利用している人であるのなら、エクセルと聞いて早速に分かるのではないでしょうか。

それほどにエクセルは大好評の高いソフトです。

このエクセルはマイクロソフトの歴史の中だとしても初期のころから市販されているものです。

その歴史はウィンドウズと比べると古いのです。

初めはMS-DOS用の表計算ソフトとして出現しました。

当時はLotus社の1-2-3と競合していました。

利用感に対しては1-2-3の方が優れておりエクセルは市販量に対して大きく差をつけられていたのです

まだ、当時のパーソナルコンピュータはDOSベースであって、CPUの決済速度も十分ではありませんでしたからそのようの時代にGUIによるハンドリングを前面に出していましたから、使い手にとっては違和感の大きいものだったと考えられます。

それから、ウィンドウズの時代に入って、ようやくエクセルの大好評が出てくるようになりました。

ウィンドウズのインターフェースはエクセルのものをベースに創られたと言われています。

GUIのハンドリング手法に対してエクセルは先進的であったということでしょう

CPUの決済速度が向上し、GUIがスムーズに動くようになってからはエクセルの独壇場となりました。

1-2-3は次第に淘汰されていったのです。

近年では殆んどのパーソナルコンピュータにエクセルを含むマイクロソフトオフィスがインストールされています。

エクセルを使えることが自然の時代となったのです。

エクセルを利用することによって、複雑な計算や決済の簡略化が出来ます。

しかしながら、そういったシステムを利用している人はわずかであると考えられます。