エクセルがマイクロソフトから市販され始めたのは随分前になります。

まだウィンドウズがなくMS-DOSの全盛の時代です。

その当時はLotusの1-2-3が表計算ソフトとしてメジャーなものでした

それから、ウィンドウズの市販とともにエクセルが売り上げを伸ばすようになったのです。

近年のウィンドウズにはマイクロソフトオフィスがインストールされているケースが沢山やうです。

マイクロソフトではオフィスソフトをキーポイントな品物と考えているはずです。

エクセルはそのかなめと言ってもいいでしょう。

エクセルは初心者だとしても利用することが出来ます。

マクロもプログラムも製作出来ます。

つまりは、利用者のグレードに合わせて利用するシステムを選択することによっていいのです。

一般に利用している人の大半はプログラムを組むこというのは出来ません。

それだとしてもエクセルを利用するこというのは出来るのです。

表計算ソフトで合計を計算させるこというのは容易です。

そのくらいの知識だとしても製作出来る表は無限に存在するのです。

マイクロソフトはエクセルを含むオフィスソフトをどんなふうに市販していくのでしょうか。

オフィスのインターフェースは統一されており、利用者が戸惑わないような配慮があります。

当然、バージョンが変わった時には多かれ少なかれの戸惑いはあります。

エクセルを使ったシーンは多様なところで出てきます。

あとあともそれは変わらないでしょう。

パーソナルコンピュータのシステムがどんなふうに向上しても、人間がつくる材料は変わらないのです。

家計簿や名簿、売上表等は変わりようがないのです。

必要な情報は表のなかに存在するのです。

エクセルの機能

表計算ソフトで一番大好評のエクセルのシステムを案内しましょう。

エクセルはポピュラーなものですので、必要な情報は本やインターネットで入手することが出来ます

まず、初心者が利用するシステムとしては計算式があります。

これは縦横の合計を出したり、差を表示させたりするものです。

計算式に関数を組み合わせると、より一層複雑なことが可能なようになります。

これ程だとしてもあなたは初心者を卒業しているのかも知れません。

つまりは、計算式等を使わなくても表は出来ますし、それだとしても十分なケースが沢山のです。

例えば、予定表、会員名簿等です。

予定表では日付を1日おきに入力します

この時にはデータフィルシステムを使いましょう。

自動的に数字を1増やしながらセルに入力してくれるのです

エクセルのシステムの大半は人手による入力を省くためのものです。

楽なシステムがいっぱいあるでしょうから、それを知っておいて損はないのです

当然、全部のことを覚えるのは現実的ではありません。

自分がよく利用するものだけでいいのです。

特に毎日入力するような表があれば、それの簡略化を考えてみましょう。

昨日と同じ入力を行う部位があれば、それは何らかのシステムを利用することによって省略出来るケースが大半ですのです

どんなシステムを使えばいいのか分からない時には口コミサイト等で問い合わせをしてみるといかがですかか。

当然、知人に詳しい人がいれば、その人にきくのが一番です。

エクセルを利用して多様なことが出来ます。

それでこそパーソナルコンピュータを使いこなしていると言えるのです。

あなたは使いこなしていますか?

エクセルとウィンドウズ

ウィンドウズが市販される前から表計算ソフトのエクセルはありました。

マイクロソフトが市販しているものです。

当時の大好評はそれほどではありませんでしたが、GUIが世間一般的になるにしたがってエクセルの大好評は高まってきたのです。

ウィンドウズのGUIはエクセルをベースに創られたと言われています。

そして、現代のエクセルはオフィスソフトの一つとして多くの人が利用しています。

一般向けに市販されているパーソナルコンピュータでエクセルがインストールされていないパーソナルコンピュータはないと言ってもいいでしょう。

ウィンドウズが多システムになるにしたがって、エクセルを含むオフィスソフトもシステムUPをしてきました。

もはやウィンドウズとエクセルは切断しても切り離せない関係になったと言えるのです。

私たちの生活のなかで情報を表様式で表すことが沢山ことを知っていましたか。

まとまった文で書くと分からないことだとしても表にしてみるとたいへんわかり易いのです。

特に会社の報告書等はその最たるものです。

数字のチェンジが一目で分かるのです。

必要ならばグラフにすることもいいでしょう。

ウィンドウズのGUIが向上しましたから、画面上での表現力が高くなりました。

それにしたがってエクセルのグラフや表での表現にバリエーションを加えることが可能なようになってきたのです

エクセルを製作しているのも、ウィンドウズを製作しているのもマイクロソフトですので、そのシステムが調和しているこというのは自然です。

エクセルを使いこなしていくことでビジネスマンとして一人前のお勤めが出来ると言われているやうです。