顔認証

iphone8 iphoneX

iphoneXから大きく変わったこととして「顔認証」が挙げられます。

iphone8までは顔認証ではなく指紋認証になっています。

より一層iphoneXでは「ホーム」ボタンがなくなったことも大きな特徴です。

全面をディスプレイとしたiphoneにすることが10年以上もの悲願とのことでそれがやっと形になったのがiphoneXと言うわけです。

iphone8まではホームに指紋認証のTouch IDが採用されていました。

iphoneXからはホームボタンをなくし、顔認証のFace IDを採用しました。

従来のTouch IDのケースでは、5万分の1と言う稀な確率ではあるものの、別人の指紋を認証してしまう見込みがありました。

それがFace IDによる顔認証のケースでは、100万分の1と言う確率にまで減らすことに達成したやうです。

顔認証で心配されるのが、写真等を利用して認証を突破できてしまうのではないかと言うセキュリティ上の不安です。

顔認証に関連しては昔からこの点が不安視されてきました。

その点iphoneXでは、顔写真でも、顔に似せて作った立体的マスクでも、機械は偽物と判断出来るため、Face IDを突破するこというのは出来ないやうです。

またセンサーはiphone内部のチップで読み取りするそうで外部にデータ転送することもないため外部にデータ流出する心配もないやうです。

認証に数回誤りしたケース一時的にFace IDは無効化されるやうです。

このケースではロックを解除するにはパスコードを入力しなければいけません。

iphoneXを利用したいけれど、顔認証には抵抗があると言う人には、Face IDを利用しない選択肢も仕度されているやうです。

iphoneXのサイドに存在するボタンを同じ時に押すと一時的にFace IDを無効化出来るため、無効化しておいて従来のiphoneと同様にパスコードで利用することが出来るやうです。

カメラ

カメラシステムも大きく向上しました。

iphone8ではは、iphone8 Plusのみですが広角カメラ、望遠カメラがデュアルカメラ構成となっています。

より一層ポートレートモードもあります。

ポートレートモードに新採用された「ポートレートライティング」では、基本の「自然光」写真と比べると全体的に顔を明るく出来る「スタジオ照明」。

影をつけてコントラストのある「輪郭強調」、背景を黒くすることによってスポットライト効き目をつけた「ステージ照明」等が出来ます。

カメラ横に存在するLEDフラッシュは、均一性を高めホットスポットを節減させた「クアッドLED True Toneフラッシュ」へと向上しました

手前にいる被写体にフラッシュをあてながら、低速シャッターで背景を適正露出させるスローシンクロもさせることが出来ます。

4K動画録画に対しては新たに60p記録可能なようになり、スローモーションビデオに対しては120fps、240fpsから選べるようになっています。

iphoneXではは広角カメラ、望遠カメラ、どちらも1,200万画素あり、光学式の手ブレ補正がついています。

iphone7 Plusのときには広角カメラにのみ光学式の手ブレ補正がついていました。

先ほど解説したポートレートライティングシステムは、iphoneXにもついています。

より一層iphoneXでは、新しいフロントカメラのTrueDepthカメラによって、50以上ある顔の筋肉の機動を読み取って解析し「アニ言葉」を造ることが出来ます。

タイトルとURLをコピーしました