サイズと重さの比較

iphone8 iphoneX
SONY DSC

近頃売り出しされたiphoneのなかで、iphone SE以後、iphone7、iphone7 Plusとiphone8、iphone8 Plus、iphoneXの本体大きさ、重量を比較してみます。

「iphoneX」→画面大きさ5.8インチ、高さ143.6mm*幅70.9mm*厚さ7.7mm、重量174g。

「iphone8」→画面大きさ4.7インチ、高さ138.4mm*幅67.3mm*厚さ7.3mm、重量148g。

「iphone8 Plus」→画面大きさ5.5インチ、高さ158.4mm*幅78.1mm*厚さ7.5mm、重量202g。

「iphone7」→画面大きさ4.7インチ、高さ138.3mm*幅67.1mm*厚さ7.1mm、重量138g

「iphone7 Plus」→画面大きさ5.5インチ、高さ158.2mm*幅77.9mm*厚さ7.3mm、重量188g。

「iphone SE」→画面大きさ4.0インチ、高さ123.8mm*幅58.6mm*厚さ7.6mm、重量113g。

iphone8は、前機種のiphone7より画面大きさは変わりませんが本体大きさが若干大きくなり、iphone8 Plusはiphone7 Plusと比べると若干大きくなりました。

iphoneXはiphone8 Plusより本体大きさは小さくスリム体形ですが、画面大きさはiphoneXの方が大きいです。

全体的に比較検討したケース、最もコンパクト大きさで軽いのが「iphone SE」です。

ただし厚さの面で見るとSEは一番厚さが大きいため、薄さと言う点ではいまいちです。

この度売り出しされるiphone8、iphone8 Plus、そしてiphoneXのなかではiphone8が一番コンパクトです。

しかしながら画面大きさのことも考えるとiphoneXの本体大きさも検討しているとおもいます。

重量で比較してみると、iphone SEが最も軽く、つづいてiphone7、iphone8となっています。

iphone8の方がiphone7と比べると10g重くなっていますが、頑健なガラス、宇宙産業で利用されているのと同グレードのアルミニウムを利用している点等から考えるとたった10g重量の増加はすごいとおもいます。

iOS11の新機能

iphone8やiphone8 Plusが売り出しされるのに先駆けて、2017年9月20日、「iOS11」が登場しました。

iOS11に対応出来るハードウェアは、iphone5s以後です。

つまりiphone8、iphone8 Plus、そしてiphoneXにもiOS11が入っていると言うことです。

主なシステムとしてiPadに力を入れたものもありますが、iphoneでも楽になっています。

iphone8やiphoneXにはオペレーティングシステムとしてiOS11が導入されていますが、それ以外のiphoneも対応可能な機種は早めにUPデートすることをおススメします。

iOS11の新システムを案内します

・ARKitアプリケーション→拡張現実を使ったアプリケーションを造ることが出来ます。

現実の映像とオブジェクトを重ねて多様なアプリケーションを創り出します。

マップと統合して現実に街の中を自分が歩いているかみたいにできたり、映像を見ながらダンストレーニングをしたり、現実に物の大きさを測ったり、家具を置くシチュエーションを行ったり多様なアプリケーションがあります。

・コントロールセンター→画面表示させる項目を自分自身で選択することが出来ます。

・通知センター、ロック画面の統合→ロック画面で下から上へスワイプすることで直近の通知が見逃した通知分も含めて全部見られます。

通知画面で右へスワイプすることで通知元からのアプリケーションが届きます。

左へスワイプすることで通知された中身を開く、削除を選択出来ます。

・Live Photos→今までと比べるといきいきとした表現力豊富な画像を楽しめるようになりました。

・カメラ→QRコードの自動検知が急いでなり、写真のポートレート録画がきれいになりました。

・メッセージ→左右にスワイプすることで、絵言葉、ステッカー、ゲーム等容易に友達と共有出来ます。

・キーボード→片手モード登場

・App Store→レイアウトの改善がされて、おススメアプリケーション、ガイド等がわかりやすくなりました。

・Siri→通訳システム、DJシステムが追加されました。

高速充電について

この度のiphone8、iphone8 Plus、iphoneXではライトニングケーブルを利用してハイスピード充電を行なうことが出来ます

そこでどれくらい急いで充電出来るのか、iphone8 Plusとiphone7 Plusの比較をしてみます。

まずiphone8もiphone8 PlusもiphoneXもハイスピード充電を行なうときには標準に対してくる電源アダプタではなく、専用のケーブルを仕度しなければいけません。

USB-C電源アダプタとUSB-C-Lightningケーブルです。

価値はアダプタが5,200円(税抜)、ケーブルが長さ1mで2,800円(税抜)、両方合わせて8,000円(税抜)かかります。

iphone8 Plusではこれらの専用アダプタを使い、バッテリー残量を0%から100%までするのに約1時間56分でフル充電させることができたやうです。

iphone7 Plusでは標準付属しているアダプタを使い、約4時間かかったやうです。

iphone8 Plusの充電が完了した時点でiphone7 Plusの充電は55%しか充電できていなかったやうです

より一層画面をオフにした有り様でハイスピード充電をおこなうと、iphone8 Plusでは、10分で13%充電ができ、40分で50%、107分で100%の充電が完了したやうです。

iphone8やiphone8 Plus、iphoneXのシステムのなかでハイスピード充電に対して艶やかさを感じ取っている人は、追加で専用のアダプタ買入を検討されるのをおススメします。

タイトルとURLをコピーしました