英単語暗記のコツ:「Forgive」「Fisherman」「Supply」「Contest」「Competitive」

英単語暗記
  1. Forgive: 許す
  2. Fisherman: 漁師、釣り人
  3. Supply: 供給、生活必需品、~を(人に)供給する、~に(物を)与える
  4. Contest: 競う、論争する、異議を唱える、競争、コンテスト
  5. Competitive: 競争の、競争力がある、競争心の強い

それぞれの単語を日本人が覚えやすくなるコツ

  1. Forgive: 「For(フォー) + give(ギブ)」と分解して考えてみましょう。「ギブ」は「与える」という意味があり、「許す」ことはまさに「許しを与える」という意味になります。このアソシエーションで記憶してみてください。

  2. Fisherman: 「Fish(フィッシュ) + man(マン)」となっており、「魚を捕る人」つまり「漁師、釣り人」と直訳できます。これらの英単語を直訳することで意味を覚えることができます。

  3. Supply: 「サプライ」は「供給」を意味しますが、この単語はラテン語の「sub(下から)+ plico(折りたたむ)」から派生しています。この由来を覚えることで、「下から与える」つまり「供給する」という意味を覚えやすくなります。

  4. Contest: 「Con(共に) + test(試験)」で、「共に試験」つまり「競争」を意味します。このように単語を分解し、部分ごとの意味を合わせて全体の意味を理解すると覚えやすくなります。

  5. Competitive: 「Compete(競争する) + ive(~する性質がある)」で、「競争する性質がある」つまり「競争力がある、競争心が強い」という意味になります。単語の構成要素の意味を理解することで、単語全体の意味を理解しやすくなります。

英単語だけリストで表示

  1. Forgive
  2. Fisherman
  3. Supply
  4. Contest
  5. Competitive

日本語の意味だけリストで表示

  1. 許す
  2. 漁師、釣り人
  3. 供給、生活必需品、~を(人に)供給する、~に(物を)与える
  4. 競う、論争する、異議を唱える、競争、コンテスト
  5. 競争の、競争力がある、競争心の強い

まとめ

英単語の暗記は、単語の構成要素やその由来を理解することで、より深く、効率的に覚えることができます。

また、英単語とその意味をリストアップして定期的に見直すことも重要です。

これにより、単語の意味を思い出すトレーニングと、その逆の日本語の意味から英語を思い出すトレーニングができます。

この繰り返しにより、長期記憶に定着させることが可能になります。

覚えるべき単語が多い場合は、毎日一定の数だけ新しい単語を学び、定期的に復習することで記憶を助けることができます。

英単語暗記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon先生

働く女性、家事育児真っ最中の女性の応援、子育てがひと段落してほっとしている女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。英語はわりと成績よかった。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

lemon先生をフォローする
lemon先生をフォローする
やり直し英語学習
タイトルとURLをコピーしました