英単語暗記のコツと英語クイズ/broad, profound, thick, context, client

英単語暗記

こんにちは!英単語を学ぶことは、日々のコミュニケーションを豊かにします。

今回は「broad, profound, thick, context, client」という単語を一緒に学んでみましょう。

  • broad – (幅、面積の)広い、広範囲に及ぶ
  • profound – (物事が)深い、重大な、深遠な
  • thick – (分)厚い、太い、(液体が)濃い
  • context – (文章の)前後関係、状況
  • client – (弁護士などへの)依頼客

単語ごとの覚え方

broad (ブロード)

「ブロード」とは物理的な広さや、考え方や範囲の広がりを指します。例えば、広い視野や広範囲のトピックをイメージすると覚えやすいです。

profound (プロファウンド)

「プロファウンド」は深みや重要性を持つことを表します。深い洞察や重大な影響をもたらすことを想像すると良いでしょう。

thick (シック)

「シック」は物の厚さや密度を示します。分厚い本や濃厚なスープなど、具体的な物を思い浮かべてみてください。

context (コンテクスト)

「コンテクスト」は物事の文脈や状況を指します。文章の流れや特定のシチュエーションの背景などが該当します。

client (クライアント)

「クライアント」とは、サービスを提供する側にとっての顧客や依頼者を意味します。特に、弁護士やコンサルタントなどの専門職の顧客を指します。

英単語リスト

  • broad
  • profound
  • thick
  • context
  • client

日本語意味リスト

  • (幅、面積の)広い、広範囲に及ぶ
  • (物事が)深い、重大な、深遠な
  • (分)厚い、太い、(液体が)濃い
  • (文章の)前後関係、状況
  • (弁護士などへの)依頼客

例文: Using These Words in a Story

The architect admired the broad expanse of the landscape.

Her design philosophy was both profound and innovative.

She proposed a building with thick, insulating walls for energy efficiency.

Understanding the context of the area’s history was crucial to her approach.

Her client was impressed with the thoughtful integration of form and function.

訳と解説: これらの単語を使った物語

Using These Words in a Story

建築家は、風景のbroad(広い)な広がりに感心しました。

彼女のデザイン哲学はprofound(深遠な)かつ革新的でした。

彼女はエネルギー効率を高めるためにthick(厚い)断熱壁を持つ建物を提案しました。

その地域の歴史のcontext(文脈)を理解することが、彼女のアプローチにとって重要でした。

彼女のclient(クライアント)は、形と機能の思慮深い統合に感銘を受けました。

英単語クイズ

  • What term refers to something that is wide in extent or scope? – broad
  • How would you describe something that has deep meaning or significance? – profound
  • What word is used to describe something that is relatively large in thickness? – thick
  • How do you refer to the circumstances that form the setting for an event, statement, or idea? – context
  • What is the term for a person or organization using the services of a lawyer or other professional? – client

これらのクイズを解くことで、各単語の意味をより深く理解し、覚えるこ とができます。日常生活やビジネスシーンでこれらの単語を意識して使ってみると、より自然に覚えられます。

まとめ

今回は「broad, profound, thick, context, client」という単語を学びました。これらの単語は、幅広い分野で使用されるため、様々な状況で役立つことでしょう。

英単語は、その単語が持つ文化的な背景や使われ方を理解することで、より深く言語に親しむことができます。

毎日少しずつ新しい単語を学ぶことで、英語力は確実に向上していきます。

次回も、新たな単語を通して英語の世界を広げていきましょう。英語学習は長い旅ですが、一歩一歩確実に進んでいくことが大切です。

英単語暗記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon先生

働く女性、家事育児真っ最中の女性の応援、子育てがひと段落してほっとしている女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。英語はわりと成績よかった。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

lemon先生をフォローする
lemon先生をフォローする
やり直し英語学習
タイトルとURLをコピーしました